保育士試験

保育士試験

既に社会人として働いている場合、専業主婦をしている場合は、大学や短大、専門学校などに1から通うのは難しいため、保育士試験を受けて合格することで保育士の資格を取得することができます。

保育士試験の受験資格は大学、短大、高等専門学校、平成3年3月31日以前に高等学校を卒業していること、高校または中等教育学校などを卒業して、児童福祉施設で2年以上かつ2880時間の実務経験を有する、児童福祉施設で5年以上かつ7200時間の実務経験を有するとなっています。

試験内容は、筆記試験と実技試験が実施されており、筆記試験では保育原理や教育原理、社会的養護や児童課程福祉、社会福祉、保育の心理学、子どもの保健、子どもの食と栄養など全部で8科目から出題されます。実技試験では、音楽表現に関する技術や造形表現に関する技術、言語表現に関する技術のうち2分野を選択します。合格科目は3年間有効となっていることから一度に全ての科目で合格することができなかった場合でも期限内であれば不合格科目のみ受験が可能となっています。合格率が例年低い傾向にあることから、仕事や家事などで勉強時間を十分に確保することができないという場合は、少しずつ合格を目指すというのも1つの手となっています。