取得方法は2つある

取得方法は2つある

保育士の資格は国家資格です。一度取得すると一生持ち続けることができる資格であり、保育士を求めている場所であれば資格を持っていることでどこでも働くことができるようになります。

保育士の資格取得をするためには2つの方法があります。まず1つ目は厚生労働省が指定した保育士養成課程のある学校に通い、卒業する方法です。保育士養成課程のある大学や短期大学、専門学校に通い所定の単位を取って卒業することで国家試験を受けることなく自動的に保育士の資格を取得することができます。また保育士養成課程は通信教育で課程を修了することもできるようになっています。2つ目は保育士試験を受験して合格する方法です。現在、保育とは関係のない仕事をしていたり、専業主婦をしているという人に向いている方法と言えるのではないでしょうか。保育士試験は年に1回もしくは2回開催されており、受験資格には年齢制限もないことから筆記試験と実技試験の両方に合格することで保育士になることができます。ただし、保育士試験の合格率は20%台と低い傾向にあり、より確実に保育士の資格取得を目指すのであれば、大学や短大、専門学校や通信教育などの保育士養成課程を経て取得する方がおすすめです。